写真:高野ユリカ



水 島 七 恵 Nanae Mizushima

編集者
新潟県出身、東京都在住

大学卒業後、ディー・ディー・ウェーブ株式会社に入社。ヴィジュアル・マガジン「+81」(PLUS EIGHTY ONE)編集・執筆、音楽とデザインを中心としたカルチャーマガジン「AM:ZERO」(全3号)の立ち上げ・企画・編集・執筆を担当。2009年、フリーランスに。

編集とは文脈を見い出す行為。要素と要素のあいだをつなぎ、隙間を通す技術と捉え、領域や媒体を問わず、企画・編集ディレクション・コピーライティング・執筆などを行う。

▶︎
主なクライアントワーク

2012年〜
執筆
雑誌「リンネル」新作シネマレビュー 毎号〜
発行:宝島社

2013年〜2017年
企画・編集ディレクション・執筆
TOKYO PAPER for Culture 全16号
発行:公益財団法人東京都歴史文化財団

2019年〜
企画・編集ディレクション・執筆
JAXA機関紙「JAXA’s」77号〜
発行:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)

2020年・2021年
企画・編集ディレクション・執筆
フリー冊子「tempo」全3号
発行:富士通株式会社ソーシャルデザイン事業本部

2021年
企画・編集ディレクション・執筆
フリー冊子「INSIDE OUT」1号・2号
監修・発行:山口情報芸術センター[YCAM]

2021年〜2022年
展示物の企画協力・テキスト
21_21 DESIGN SIGHT企画展「2121年 Futures In-Sight」展
2021年12月21日(火)- 2022年5月8日(日)
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

▶︎
主な寄稿

映画『ドンテンテウン(曇天街)』の劇場パンフレット
タイトル「現実と虚構の境界線が溶けあった場所で」

湯浅良介 個展『Pole Star』カタログ
タイトル「垂直な視線」

山本恭平 写真冊子『透明ですこし眩しい』
タイトル「見えるものと見えないもの。あいだに実在する神秘」

▶︎
ワークショップ・企画展示

OPEN SITE 2019-2020 教育普及プログラム 腑「継ぐ」
腑(長田佳子・塩川いづみ・水島七恵)
ワークショップ:2020年2月1日(土)、2日(日)
展示:2020年2月4日(火)〜9日(日)
会場:トーキョーアーツアンドスペース本郷
トークゲスト:JAXA 第一宇宙技術部門地球観測研究センター研究開発員 山地萌果

▶︎
レクチャー

SPBS THE SCHOOL「編集のレッスン<第2期>」講師兼ナビゲーター
2023年8月30日〜11月1日、全6回講座

各回のゲスト講師 / 宮前義之(A-POC ABLE ISSEY MIYAKEデザイナー)、小桧山聡子 (山フーズ主宰)、津田雄一 (JAXA宇宙科学研究所教授・はやぶさ2拡張ミッションチームリーダー)、阿部海太郎(作曲家)、中村佑子(映像作家)

▶︎
展覧会のキュレーション

湯浅良介 個展『Pole Star』

時間と空間
闇と調律
恒星とリフレクション
目蓋の裏の銀河

会場:un
日時:2022年11月19日(土)- 27日(日)10時-19時
住所:東京都大田区田園調布2-51-1 SAVEUR 2階

▶︎
掲載など

腑「食とドローイング」 /colocal.jp
腑 ワークショップ「継ぐ」 / andpremium.jp / colocal.jp