感覚をひらく 05-07 / 2012-2013

Tags -

パリ・ルーヴル美術館とDNP大日本印刷の共同プロジェクト、
ルーヴル – DNP ミュージアムラボとともに、
アート体験の可能性を探るために生まれたフリーペーパー『感覚をひらく』。
編集、執筆を担当しました。

ーー
編集・発行:「感覚をひらく」編集室
パブリシティ:平昌子
編集・執筆:水島七恵
アートディレクション・デザイン:graf

5/8号

特集
アートの見かた、見えかた。
「ゴヤの《青い服の子供》ルーブル美術館のスペイン絵画コレクションに入るまで」で感覚をひらく。

感覚をひらく人たち
佐藤卓(グラフィックデザイナー)
藤本壮介(建築家)

6/8号

特集
アートの見かた、見えかた。
「ゴヤの《青い服の子供》ルーブル美術館のスペイン絵画コレクションに入るまで」で感覚をひらいた人。
阿部好世(デザイナー)

感覚をひらく人たち
港千尋(写真家・著述家)
池谷裕二(薬学博士)

7/8号

特集
アートの見かた、見えかた。
「古代ギリシアの名作をめぐって ー 人 神々 英雄」で感覚をひらく。

寄稿:ヘラクレスが転校してきたら。
渋谷直角(ライター・まんが)

感覚をひらく人たち
保坂健二朗(東京国立近代美術館主任研究員)
布施英利(芸術学者・批評家・作家)

ーー
ウェブサイトはこちらから
https://www.museumlab.jp/sense/vol88/