TOKYO PAPER for Culture 09-12 / 2015-2016

Tags -

旧・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)が
広報の一環として2013年から発行したフリーペーパー「TOKYO PAPER for Culture」。
コンセプト立案から編集ディレクション、執筆までを担当。

2015年4月、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)との
組織統合・事業再編をきっかけにリニューアル。

東京の文化を研究する研究所というコンセプトは継承しながら、
「問い・ひらめき・プロセス」を新しいキーワードに掲げ、
成果につながるプロセスを内包した「アイデア帳」を
想起させるような紙面づくりを目指した。

ーー
ディレクター:森隆一郎 / アーツカウンシル東京
編集ディレクション・執筆:水島七恵
編集部:圓城寺裕子、キムキョンナ、里見恵利華 / アーツカウンシル東京
編集・執筆:Playce(P5~P15)
アートディレクション&デザイン:TAKAIYAMA inc.
翻訳:オフィス宮崎
印刷:太陽印刷工業株式会社
発行:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

クレジットは、レギュラースタッフのみ記載

第9号 東京、未来を照らすものたち

宇宙のリズムを携えた、この身体とともに
布施英利(批評家)×飯嶋久美子(スタイリスト)×和田永(音楽家)

アーツカウンシル東京、活動中!

研究テーマ⑨:Open Mind, Open Culture

アツカン通信:大友良英(音楽家)

第10号 東京、祭の前夜

祭りは、ふいにやってくる
倉本美津留(放送作家)×坂口修一郎(ミュージシャン)×中村佑子(映像作家)

研究テーマ⑩:開幕!新時代の祝祭

アツカン通信:大巻伸嗣(現代美術家)

第11号 オルタナティブトーキョー

一概には言えないこの世界で
岸政彦(社会学者)×石川直樹(写真家)×寺尾紗穂(シンガー・ソングライター)

研究テーマ11:東京、この街の手触りを探して

アツカン通信:日比野克彦(アーティスト)

第12号 インビジブルトーキョー

見えない領域をこの手につかまえて
青木淳(建築家)×津村禮次郎(能楽師)×荒神明香(現代美術家)

研究テーマ12:見えない視線

アツカン通信:林家花(紙切り芸人)