感覚をひらく 01-04 / 2012-2013

Tags -

パリ・ルーヴル美術館とDNP大日本印刷の共同プロジェクト、
ルーヴル – DNP ミュージアムラボとともに、
アート体験の可能性を探るために生まれたフリーペーパー『感覚をひらく』。
編集、執筆を担当しました。

ーー
編集・発行:「感覚をひらく」編集室
パブリシティ:平昌子
編集・執筆:水島七恵
アートディレクション・デザイン:graf

1/8号

特集
ルーブル-DNPミュージアムラボってなに?
ミュージアムラボにまつわる8の質問

感覚をひらく人たち
福のり子(京都造形芸術大学教授)
大原大次郎(グラフィックデザイナー)

2/8号

特集
アートの見かた、見えかた。
「外交とセーヴル磁器展 ヨーロッパの歴史を動かした華麗な器たち。」で感覚をひらく。
体験者/阿部海太郎(作曲家)

感覚をひらく人たち
名和晃平(彫刻家)
北川悠仁(ゆず/ミュージシャン)
岩沢厚治(ゆず/ミュージシャン)

3/8号

特集
アートの見かた、見えかた。
「来世のための供物展 古代エジプト美術から読み解く永遠の生への思い」で感覚をひらく。

感覚をひらく人たち
本木雅弘(俳優)
束芋(現代美術家)

4/8号

特集
アートの見かた、見えかた。
「来世のための供物展 古代エジプト美術から読み解く永遠の生への思い」で感覚をひらいた人
高木正勝(映像作家・音楽家)

感覚をひらく人たち
柳家花緑(落語家)
鴻池朋子(アーティスト)

ーー
ウェブサイトはこちらから
https://www.museumlab.jp/sense/vol88/