TOKYO PAPER for Culture 第9号〜第16号 / 2016〜2017


 

 

 

 

 

 

 

 
2015年4月からアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)との
組織統合・事業再編をきっかけに、
「TOKYO PAPER for Culture」もリニューアル。
 
東京の文化を研究する研究所というコンセプトは継承しながら、
「問い・ひらめき・プロセス」を新しいキーワードに掲げ、
成果につながるプロセスを内包した「アイデア帳」を
想起させるような紙面づくりを目指した。
 
第13号からは東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を見据え、
スポーツのマインドを盛り込んだコンテンツで紙面を一新。
ウェブマガジンもスタートさせた。
4年にわたって続けてきた探求は、第16号で終了する。
 
 
TOKYO PAPER for Culture 第9号〜第16号
第9号 東京、未来を照らすものたち
第10号 東京、祭の前夜
第11号 オルタナティブトーキョー
第12号 インビジブルトーキョー
第13号 トーキョーアクティブ
第14号 トーキョーバラエティ
第15号 東京プリミティブ
第16号 トーキョーデザイン
 
 
ディレクター:森隆一郎 / アーツカウンシル東京
編集ディレクション・執筆:水島七恵
編集部:圓城寺裕子、キムキョンナ、里見恵利華 / アーツカウンシル東京
編集・執筆:Playce(P5~P15)
アートディレクション&デザイン:TAKAIYAMA inc.
翻訳:オフィス宮崎
印刷:太陽印刷工業株式会社
発行:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

※クレジットは、レギュラースタッフのみ記載