TOKYO PAPER for Culture第十三号
ALL DIRECTION EDITORIAL PLANNING WRITING

Processed with VSCO with f2 preset  

Processed with VSCO with f2 preset  

Processed with VSCO with f2 preset      


TOKYO PAPER for Culture第十三号(発行:アーツカウンシル東京)の
編集ディレクションと執筆を担当させていただきました。  

今号から媒体もリニューアル。
東京の文化をスポーツのマインドで探求するフリーペーパーになりました。

スポーツは、人生のいろんな場面に置き換えられます。
日々新陳代謝を繰り返しながら、身の周りに巻き起こる珍プレー好プレー。
ライバルとの真剣勝負。その先に見る新しい風景。
スポーツにこれだけの人が熱狂する理由も、
自分にはなれないという憧れの眼差しと同時に、
どこか人生の一片を選手に垣間見ているのだと思うのです。

そんな想いを込めながら、
スポーツのマインドを東京の文化を言語化しています。

表紙・巻頭座談会は、百獣の王・武井壮さん、
ミュージシャン・三浦大知さんに、
「エンターメインメントの条件」をテーマにお話をお伺いしました。
撮影は大森克己さん。

また連載も新たになりました。


東京にまつわる様々なデータや数字という事実から
この街の姿を垣間見る連載「東京記録」では、
都内にある公立図書館の数を網羅。
そこから浮き上がってくる東京の特徴とは?

重ねて東京への想いを綴っていただく「東京新陳代謝」では
漫画家・ほしよりこさんが執筆、
「私の珍プレー好プレー」では
漫画家・大橋裕之さんが 4コマ漫画を寄せてくれました。  

下記オフィシャルサイトでは、 ウェブマガジンも公開しています。
紙面でも掲載の、漫画家大橋裕之さんによる珍プレー好プレーが、
ウェブマガジンでは動きます。
http://paper.artscouncil-tokyo.jp/ja/vol/013/    


↑ page top