OPEN SITE 2019-2020 教育普及プログラム 腑「継ぐ」【2020】
ALL DIRECTION OTHERS PLANNING

 

2018年から活動している、腑(はらわた)

2020年2月、トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)が主催する
「OPEN SITE」に参加することになり、チラシが完成しました。
チラシデザインは、横山道雄さんです。

すべてのジャンルに創造の場を開いた
アート・プラットフォームとして
2016年からスタートしたOPEN SITE。
その教育普及プログラム枠で、2020年2月1日・2日、
TOKAS本郷にて腑のワークショップを、
そのワークショップでの成果を
2月4日〜9日まで同場所にて展示します。

ワークショップのテーマは、「継ぐ」。
腑では水を題材にワークショップを行う予定です。
水と言えば、地球表面積の約7割は水です。
そしてまた、人体の約7割も水で構成されています。

The Blue Marble

その昔、「アポロ17」の宇宙飛行士によって初めて撮影された地球は、
宇宙に浮かぶ青いビー玉のように見えることからこう呼ばれました。
その水を、私たちはマーブリング(墨流し)によって可視化しながら、
同時に食を通じて体内の水の気配を捉えるワークショップを行い、
制作した作品を発表したいと思います。

腑「継ぐ」

2020年2月1日(土) 13:00-16:00
ワークショップ(マーブリング)+ゲストと腑によるトーク
ゲスト:山地萌果
(JAXA 第一宇宙技術部門地球観測研究センター研究開発員)

2020年2月2日(日) 13:00-16:00
ワークショップ(マーブリング)+腑によるトーク

料金:無料
定員:25名(予約制)
会場:トーキョーアーツアンドスペース本郷 スペースA(1F)

作品展示
2020年2月4日(火) – 2月9日 (日) 11:00-19:00
トーキョーアーツアンドスペース本郷 交流室

イベントの詳細は、TOKASのサイトでもupされています。


↑ page top